Windows Essentials 2012の入手方法

Windows Essensials 2012の入手方法(2017/04/16現在)

2017年1月10日以降ダウンロード不可能となったWindows Essensials 2012の入手方法についての説明。

Windows7のパソコンをわざわざ購入する理由は、Windows live mailとかのWindows  Essentials 2012でインストールしたものを今までと同じように使うことができるからだったのだけれど、2017年1月10日以降ダウンロードできなくなってしまった。

たとえ、ダウンロードしたインストーラー(wlsetup-web.exe 1,207KB)を古いwindows7パソコンのダウンロードホルダーから見つけ出して新しいwindows7パソコンでダブルクリックしたとしても、ダウンロードサーバーが閉鎖されているようで、タイムアウトでエラーとなってしまう。

インターネットで色々探しまくったところ、インストーラー版(実行するとダウンロードサーバーに接続してプログラムをダウンロードしてくれる)ではなく、全部版(実行するとインターネットの接続に関係なくWindows Essentials 2012の各プログラムをインストールしてくれる)というものが見つかった。

Windows Essensials 2102の入手先


Windows Essensials 2012の入手先は以下のsoftonic.jpからダウンロード可能でした。

https://windows-movie-maker.softonic.jp/

それって、windows movie makerのダウンロードじゃんと思うかもしれないが、Windows Essentials 2012にはwindows live mailとかwindows movie makerとかがセットになっているのでダウンロードされるのは同じパック品となります。

ダウンロードされるファイルはwlsetup-all.exe(134,490KB)というものになります。

ダウンロード完了後にwlsetup-all.exeをダブルクリックすればちゃんと日本語でインストール画面が表示されて動作しました。

これで年寄でも安心して新しく買ったwindows7のパソコンが今までと同じ操作で利用できるようになりました。