incledible PBXのメモ書き2

インストールが完了すると以下のメッセージが表示されてプロンプトに戻る

*** Configure your correct time zone by running: /root/timezone-setup

WARNING: Server access locked down to server IP address and current IP address.
*** Modify /etc/sysconfig/iptables and restart IPtables BEFORE logging out!
To restart IPtables, use this command ONLY: iptables-restart

Knock ports for access to AAA.BBB.CCC.DDD set to TCP: 7400 6660 9026
To enable knockd server for remote access, read /root/knock.FAQ

You may access the Incredible PBX GUI at http://192.168.100.200
You may access webmin as root at https://192.168.100.200:9001

[ ok ] Loading iptables rules... IPv4... skipping IPv6 (no rules to load)...done.
No IPtables problems found.
IPtables now running.
Have a great day!
[email protected]:~#

このときに次の2行が表示されない場合にはインストールが成功していない可能性があるのでもう一度インストールをやり直したほうが良い。

You may access the Incredible PBX GUI at http://192.168.100.200
You may access webmin as root at https://192.168.100.200:9001

無事インストールが完了したら、

http://192.168.100.200

にアクセスするとIncledible PBXの画面にアクセスできるはずだ。

incredible pbx

画面表示の左下にあるUSERSのスライダーを右側にすればADMINと表示され、下段の一番左にあるincledible PBX Administorationアイコンがincledible PBX(Free PBX)への入り口のアイコンだ。

incredible pbx2

incledible PBX Administorationアイコンをクリックするとincledible PBXの画面が表示される。画面のアイコンは違うがこれはFree PBXと同じだ。

incredible pbx3

Raspberry pi にsshでアクセスして以下のコマンドを1行ずつ入力するとstatus画面が表示され、asteriskなどが動作していることが確認できる。

sudo su
cd /root
status

incredible pbx statusstatus画面からAseriskなどが起動していることがわかる。

Fail2Banも起動しているので外部からの見知らぬアクセスも拒否してくれるはずだ。