アリエクスプレスで販売されているNetflixの利用権について

アリエクスプレスでNetflixと検索すると、えらく安い金額でNetflixの利用権が販売されている。

これについて調べてみた。

結果としては

一ヶ月については利用し続けられる可能性が高い

三ケ月については良心的な業者にあたれば利用し続けることは可能かもしれない

それ以上、六ヶ月とか一年間については最初の数ヶ月は利用可能だが、その後利用不可能になる場合が高い

という結論です。

まず、どういう仕組みになっているかと言うと

  • 販売されている商品はNetflixの利用アカウントで、1台の装置でのみ利用可能なものと複数(Max5台)の装置で利用可能なものがある
  • 利用期間については、短期だと一週間程度から一ヶ月、三ヶ月、六ヶ月、十二ヶ月、中には二十四ヶ月というプランがある
  • 1台の装置でのみ利用可能なプランは1つのアカウントを複数の知らない人と共同利用する、複数の場合にはアカウントを一人で占有する
  • 利用するアカウントとパスワードは販売業者から提供される
  • 複数台のプランの場合、業者から提供されたパスワードを変更が可能という場合もある
  • 実際の商品提供はメッセージを使ってのやり取りとなる。紙に書かれたアカウントとかパスワード等が送られてくるわけではなく、アカウントとパスワードはメッセージで提供される
  • 通常、通販の説明が画面には最大期間の保証が記載されている(しかし、それはその業者が存在していることが前提の保証だが…)
  • いずれも店舗の評価は高い。実際には使えることが確認できた段階で評価を決めている人が多いので評価は高くなる。
  • 利用できるアカウントは最低でも一ヶ月間程度の利用登録がされている(数日という場合もあるようで評価1とかを読むとそれが判る)
  • 利用可能なアカウントとパスワードが毎月変更される業者と同じアカウントとパスワードを使い続けられる販売業者がある
  • 同じアカウントとパスワードを使い続けられる業者であっても三ヶ月とか一年間の利用期間を課金登録をしてくれているわけでは無い(良心的な業者であれば一ヶ月単位で更新してくれるらしい)
  • 業者は比較的短期間に通販店舗から商品を撤去し、通販店舗のみ残して消える(現在、販売している業者の開業履歴を参照するとどこも2021年に入ってから開店している)
  • 消えた業者へはアリエクスプレスのメッセージを送ることはできるが、通常は未読のまま時間が経過する→つまりドロンされているということだ
  • 中国の販売事業者の場合だとアリエクスプレスの販売業者の詳細画面に商工会のような機関の登録番号や所在地住所が表示されるが、実際にはそれは何の役にもたたないし、著しい業者の場合だと何故か*****とかで消している業者すらある

以上の仕組みから、最初に短期間の利用をさせて、確かに使えることを確認した後に、長期間の注文をするであろうことを前提として商売を始めているように思われる。

その後、ある程度の客数か金額に達すると、業者は商品を全部撤去し、しばらくはメッセージが通じるが、そのうちに利用アカウントの更新が行われなくなり連絡も取れなくなる。

おそらく六ヶ月とか一年間の長期間の利用権購入を行った購入者は暫くは使えるがその後数ヶ月で利用ができなくなる。

そして、通販業者とは全く連絡が取れずに終わるという言ってみれば世界を股にした詐欺といえるだろう。

実際に代金を支払う際には以上を考慮するようにするべきであろう。

尚、この仕組みと同じ方法がSpotifyなどでも販売されている。

業者側が用意したアカウントとパスワードを利用するようなアカウント販売の場合だとNetflixと同じ仕組みで数ヵ月後に利用不可能となる可能性が高いと思われる。

 

その後

色々調べてみたところ、どうやら大きな販売元があるようで、ここで売られているものを転売しているように思われる。

実際のところは不明だが、販売元があって、そこから代理店形式で卸が行われているんじゃぁないかと…

大きな販売

ここも半年とか1年間のアカウント利用権があるのだがそれが使い続けられるのかどうかは不明である。

ここから参照可能